最近の若い世代の人というのは、あまりお墓に対して関心を持っておらず、適当に選んでしまっている人が多くいます。
これから家族全員、また親戚が訪れる場所なのですから、適当に契約をしてしまわないようにしてください。 決して安い買い物では無いお墓ですが、お金の問題だけではなく長い付き合いになりますので慎重さが必要です。
条件の悪い管理状況や、オプションが納得いかないようでしたら立地条件が良くても選ぶべきではありません。関係者が一同に集まる日にお墓を建てることで、様々な手間をある程度省くことが出来るでしょう。
法要の時以外に建てない方が無難だという話をよく聞きますが、いずれも確かな根拠はないのです。一般的にお墓を実際に建てる時期に決まりは定められていませんが、一周忌、三回忌、新盆、彼岸などといった特別な日に建てることが多くなっています。
また一周忌に合わせてお墓を建てることが多くなっているようです。日本ではお墓を建てる時期に特別な決まりは定められておりません。
実際に遺骨を10年も自宅で保管をしている人もいるくらいなのです。



決まりはないお墓を建てる時期ブログ:2018-09-23

母というのは、育児をするために、
娘を保護し、干渉し続けなければならないのだが…

それを上手くやっていけば、
娘は健全に育って行くと同時に、
健全な反抗を示して、自治領域を拡大していくことになる。

娘が自分でやってくれることが多くなれば、
娘の脳は自動的に成長する。

しかし、
母が過保護や過干渉になってしまうと、
娘は母に反抗することもできず、
自治領域を拡大して行くことができない。

そうなると
娘は脳を自分で成長させる機会を失うので、
娘の脳に深刻なダメージを与えてしまうことになる。

母としても常に娘の世話を焼いているので、
自分では充実した毎日を過ごしているのかもしれないが、
娘としては、歪んだ形で育てられているにすぎないのである。

娘を過保護や過干渉を繰り返す母は、
とにかく娘とべったりとくっついている。

しかも娘にテレビゲームを与えてしまい、
娘はテレビゲームに夢中になって、
娘らしい遊びなど何一つしない…

娘が自治領域を拡大していないと、
明らかに異常な育ち方をするのだが、
この手の母には、それが解らないのだ。

親子べったりは、
いずれ親子双方にとって苦痛をもたらす。

娘が小学生になれば
娘は自分で積極的に物事に取り組まないので、
全てのことに、母が命令しなければならなくなる。

娘の方もそれに慣れてしまうと、
母に命令されなければ動けなくなるし、
自分ができないものは、母がやってくれるだろうと思ってしまい、
非常に怠惰な生活を送るようになってしまう。

当然にこのような生活をしていれば、
脳のシナプスは急速に減少して、
非常にバカな大人に育ってしまうのである。